レーシックイメージ

50代の方のレーシック

眼鏡とコンタクトのお世話になり長い年数が過ぎましたが、最近はコンタクトを装着した時に困ることがあります。
40歳の後半から老眼が少しずつ進んできたことです。
裸眼の場合は近い物を見る時は顔を目を近づければ見えるのですが、コンタクトにしている時はそういうわけにはいきません。
見える状態にしているため、逆に見たいものを離してみないとはっきり見えないのですが、それでも鮮明に見えずに小さい文字が書かれたものを見る時は大変辛いです。
レーシックには憧れますし、コンタクトた眼鏡のお世話にならずに綺麗に見えることは嬉しいのですが、50代でレーシックを考える場合はやはり心配なのは老眼に対する対応です。
ただ心配といっても老眼鏡があれば問題はないため、近い文字など新聞の文字を読むなどの場合のみ老眼鏡のお世話になることを覚悟しておくことで乗り切れます。
レーシックをすることで老眼になるわけではなく、老眼はあくまでも加齢によるものなので、遠視の方でも加齢によって避けられない状況です。
50代の場合はせっかく眼鏡のお世話から逃れたという楽しみが老眼のために完全に無くならない可能性があるということです。
しかし、普通の生活をしているときはコンタクトや眼鏡のお世話にならずに済むことは大きな収穫です。
近視を強制していくことですから、遠くの物がはっきり見える喜びを味わうことができます。
私も長年眼鏡をかけていてこの煩わしさから解放されたいと思っています。
手術の費用はかかりますが、コンタクト代や眼鏡代http://www.fullcircleranch.com/11.htmlを考えると数年で元はとれます。
一生裸眼で生活できることはかけがえないのないものです。
50代ということで若い方より恩恵を受ける期間などが短くなりますが、最近は高齢になってからスポーツを始める方なども増えていますから、レーシック効果を十分実感できることは可能です。
時間とお金に余裕が出てくる年代で自分の為にお金を使える世代だからこそ、裸眼で色んなものが見える喜びを味わう価値はあります。
手術の技術力も年々進んでいるため、安心して手術を受けることができるようになっています。
また高齢の為、眼精疲労が進んだりコンタクトレンズなどのアレルギーや感染症のリスクを回避できることになります。
そして50代と言えば温泉旅行に出かける方も多いのですが、温泉で眼鏡がくもるなどの苦労もなくなるのですから、手術することによって色んな面で老後の生活を楽しく送ることができます。
この年齢になってまで手術する必要もないと考える方もいますが、人生まだまだこれからで、第2の青春を送る方も多いため、より良い生活をおくるための手段として考えるべきです。
高齢の方は若い方より時間にも余裕が出てくるため、読書やスポーツや旅行にと自分の趣味に時間を使うことが多いです。
定年になってからでなく、その前にレーシックの恩恵をうけて自分のこれからの生きるための糧にできるとより手術の価値があがります。
活動的なお年寄りは増えていますし、ある意味若い方より元気で精力的に行動されます。
裸眼の生活がそのような毎日を明るくする効果はありますし、60代で手術を行うより50代の方が裸眼のありがたみもアップします。

Copyright(C) 2009 視力の手術.com All Rights Reserved.