レーシックイメージ

50歳以上の方がレーシックを受ける際に知っていおくべきポイント

眼が悪いという症状は人によって大きく異なります。
一般的には、近視、遠視、乱視などが視力の低下の要因となります。
私も強度の近視に加え、加齢のために老眼の症状もあり、視力の低下が著しくなっていました。
しかしながら、偶然友人に聞いたレーシックという視力矯正の手術に興味を持ち、この手術を調べてみたところ、この手術は近視だけを対象にしているものではなく、様々な眼の症状に適応できる手術である事を知りました。
この手術の症例は近視の比率が高いため、遠視、乱視、老眼などの症例の治療があまり知られていませんが、この手術は数多くの症状に対応できるものなのです。
特に、老眼も視力矯正が出来るという点は大きな魅力で、高度な医療機器と最新技術の投入により老眼の症状も治療ができるようになっているのです。
このような理由から私はこの手術を受ける事を決めました。
ここでは50歳以上の方がレーシックを受ける際に知っておくべきポイントについてお話致します。
先ず最初に、私の場合はいつの間にか近くのものが見えづらくなっていました。
これは近視や眼精疲労とは異なるもので、視界がぼやけて見えるような感覚です。
この症状は50歳以上で顕著になり、老化現象の一つである老眼であると認識しました。
この時には新聞や本を読む際に、老眼鏡が手放せなくなっていました。
この老眼の原因としては水晶体のピント調節の働きがあります。
この目の水晶体は遠くを見たり、近くを見たりする際に焦点を合わせる役割があり、年を取ることで水晶体の柔らかさがなくなり、近くのものに焦点を合わせる機能が衰えてしまうのです。
私の場合も近くのものが見えづらくなり、加齢とともにこの症状は進行しました。
従来、レーシックは角膜の屈折を矯正するもので、水晶体に効果のあるものではななったために、老眼の治療は無理でしたが、近年では最先端の視力の屈折矯正方法を用いる事で、老化現象のひとつである老眼に対処することができます。
これは老眼で障害となる近くのものが見えるように調節する効果のあるもので、老眼の治療に大変効果的です。
そして、中高年の方がこの手術を受ける前には予め注意事項を把握しておく事も大切です。
特に、50歳以上になると、徐々に老眼や白内障の症状がはじまります。
その為、治療をしても老眼が進むと、老眼鏡をかけなければならない可能性も出てきます。
それ故に、老眼が進行している場合には、最新の老眼治療と併用してレーシックを受ける事が必要になります。
このような老眼の治療法では、レンズを角膜内に挿入して光の屈折率を調整し、老眼で見えなくなってしまった視力を矯正する方法があります。
私のように元々近視の方は、レーシックと一緒にこのような老眼の手術と組み合わせることで、視力を効果的に矯正する事が出来ます。
又、この手術の優れた特徴として、最新の治療のため見え方の質も向上させることができるというポイントがあります。
このような手術を併用する事で、老眼の問題を改善して裸眼での生活が送れるようになります。
私はこれらの手術を併用したために、視力が大幅に改善し、手術後はメガネをかけない裸眼での快適な生活を送っています。

Copyright(C) 2009 視力の手術.com All Rights Reserved.