レーシックイメージ

レーシック3ヶ月検診

私が受けたクリニックによるレーシック治療は3ヶ月検診が一応定期検診の最後ということになり、あとは適宜1年後などの検診を行っているということでした。
検診の内容は、一週間後検診とほぼ同じで、屈折度検査、眼圧検査、視力検査、眼底検査や角膜の状況チェックなどに加え、その後の角膜の形状やコントラストの見え方など詳細をチェックすることとなりました。
これで手術後の角膜の形状がどのように回復し、成果が上がっているのかを最終的に確認するということでした。
術後の形状は上々とのことで、やはりコンピュータを駆使して行ったレーザー手術はかなり精度が高いようで、視力も両目で1.5を回復するまでになりました。
あとは問診があり、これまでに術後起こったことを説明し、現状どこまでが回復したのかについてもひとつひとつ医師の質問に答えることとなりました。
まず術後すぐにおこった飛蚊症についてはほぼ3週間ほどで完全に見えなくなり、完治しました。
また直後から不快感があったドライアイの症状ですが、これも目薬と頻繁に点眼して、眼を保護するメガネをかけているうちに2週間程度で症状が軽減し、完全に完治したようです。
一方結構長くひきずったのが頭痛と肩こりにグレアの症状でした。
頭痛は常時起こるということではなく、眼を使いすぎるとたまに発生する感じでしたが、次第に回数が減っていくことになりました。
また肩こりのほうは視力が回復するとともに酷くなりましたが、結局整体にいったりしてほぐしてもらうことで、かなり改善しました。
グレア症状は術後酷くなりましたが、こちらもかなり改善することとなりましたが、夜間に酷くなることが感じられた次第です。
どの後遺症もレーシックにはつき物のようで、多くの人がこうした症状を訴えるようですが、やはり三ヶ月目ぐらいが解消されていく大きなタイミングになるようです。
たしかに視力がよくなったのにもかなり慣れるようになって、意識しないで生活できるようになってきた時期だったと思います。
先生によると、角膜が完全に定着しはじめていることが大きなポイントのようで、すべてが完全にもとにもどったというわけではありませんでしたが、かなりの症状が改善にむかっていた時期でした。
ドクターの話では、このタイミングで、どうしても症状が改善しなかったり、左右の視力があまりにも違いすぎて、体調を崩すといった場合には、問題箇所を修正するために再手術を行うかどうかの判断をする時期でもあるそうです。
やはり、完全に修正できずに一部追加のレーザー治療を行うかたも中にはいらっしゃるということでした。
その一方で、3カ月検診には、すでに来院しないという患者さんも実に多いそうで、あまり後遺症などがなく完治してしまう方も多くいらっしゃるのが現実とのことで、かなり個人差があることにあらためて驚かされることとなりました。
いずれにしてもこの時期で、一応の治療の区切りがつくようなので、このタイミングであまりにも調子が悪い部分については、追加の手段を考えるかどうか検討するのがいいようです。
レーシックは手術の精度があがっても依然としてその結果は個人さんが大きいようで、よく相談にのってくれる安心できる医師を選択することが重要だと思いました。レーシッククリニックランキングも事前に参考にしておきましょう。

Copyright(C) 2009 視力の手術.com All Rights Reserved.