レーシックイメージ

レーシック3ヶ月後について

レーシック手術は、概ね1日で視力が回復する近視矯正手術ですが、実際に受けてみますと、やはり一定時間経過しませんと視力は安定しないというのが率直な印象で、レーシック手術の持続期間は、角膜の厚さや老眼、生活習慣など個人によってかなり異なるとも言われています。
実際に手術を受けてみましたが、翌日にはかなり視力が回復します。
ただ、夜の時間帯などは徐々に視力が回復していくこととなり、概ね2週間程度でかなり安定して見えるようになりました。
それまで夜間の自動車の運転などは極力避けるようにしました。
実際三ヶ月後には検診があって、目の状態と視力検査を受けましたが、この時点では完全に両目とも視力が1.2に回復し、レーシックで乱視も完全に収まった状態となりました。
手術が不完全ですとレーシックで作った角膜が体の自然治癒力のために元に戻ったり老眼が始まることなどから視力低下につながることがあるようですが、3ヶ月目の検診では、ありがたいことに問題はおこりませんでした。
しかし、用心に越したことはないので、術後は毎日点眼すると共に、サングラスをするなどして目をかなり保護するようにしてきました。
手術で簡単に視力が元に戻るといっても目を酷使するのは三ヶ月目ぐらいまでは特にさけるべきです。
目をこするのもよくありませんし、強い衝撃が与えられるようなことも極力しないことが重要です。
暗いところで本を読んだり、長時間パソコンをやりはじめたりするのは、もってのほかで、専用のめがねをかけるなど、できるかぎり目に負担がかからないようにする必要があります。
私の場合も、この安定化に向う三ヶ月をできるだけ目にストレスをかけないように過ごすことで、効果を持続することができるようになっています。
術後は、できるだけ目に負担をかけないようにしながら、規則正しい生活をして、きちんと目を休ませる努力もしてきました。
周辺でレーシックの治療を受けながら、視力が結局また下がってしまった人の体験談を聞きましたが、結局簡単に手術さえすれば治ると思い込んで、平気で目を酷使してしまった結果として、視力が下がってしまったということから、とくに術後の気を使うようにしました。
自分の生活のことは自分自身がもっともよくわかっていることですから、いかに自主管理するかが重要だと思います。
また目にいい食べ物や野菜、魚なども積極的に摂取して外郭的にサポートするように心がけました。
現在は、ほぼ術後1年となりますが、その後の検診でも今のところはコンディションは悪化していない状況です。
しかし、相変わらずサングラスを利用したり、規則正しい生活をしたりということは常に心がけて継続させるようにしています。
レーシック手術は医師の力量によっても、だいぶ結果が異なるようですが、安心できる病院を見つけることができて本当によかったと思います。
何しろ視力のことですから、とりかえしのつかないことになってしまっては、意味がありません。
慎重な医師選びもこの手術では重要です。最新のレーシック技術も調べておきましょう。
ネットを含めて、口コミの評判などはかなり確認することができますので、できるだけそうした内容も事前にチェックして正しい眼科選びをすることが重要です。

Copyright(C) 2009 視力の手術.com All Rights Reserved.