レーシックイメージ

レーシックの30年後の視力

レーシックの30年後の視力はどれくらいあるのだろうか、効果は持続するのだろうかと、ふと友人が疑問をぶつけてきました。
しかしどう考えても普通に生活していても、30年後に今と同じ視力という人はどれくらいの数がいるのかというと、かなり少しの数になります。
もちろん考える時の年齢によっても違いますが、10代の方の30年後は40代です。
少しずつ年齢という加齢が加わるたびに何かしら不調が出てきたり、視力の低下も否めません。
だからこそレーシックも受けたからといって、ずっと同じ視力というわけにはいかず加齢とともにやはり低下していくのは当然です。
もちろん加齢が低下の大きな原因にもなってきますが、一番は生活スタイルです。
テレビはもちろんですが、ゲームやパソコンそしてスマートフォンなどの携帯はかなり視界が近いので、視力を酷使することになります。
他にも正しい姿勢でいることも大切です。
モノを見るときもおかしな姿勢で見ることも、視力を酷使することになります。
こうして考えると普通に生活していても、30年後の視力など当たり前に低下することの方が多いのです。
しかしなぜレーシックを受けたのかと問われると当然ですが、現在の視力を回復するためです。
すでに視力がかなり低下している現状の30年後の視力よりは、一度回復した視力の方がはるかに良いです。
もちろんレーシックの手術を受けたときにそこまで考えて受けたわけではないですが、一度リセットでもないですが良くしたあとの方が、現在のまま低下し続けていくよりは良いです。
しかしレーシックを受けたときは現在の視力を向上させること、それしか考えず受けました。
そこまで先の事は聞かれるまで考えることさえしなかったですが、せっかく向上させてもいつかまたメガネをかけざる得ない状況が来る日も、長い人生あることだと思うのです。
しかし少しでもメガネなど煩わしさから解放されたくて決めた手術ですが、将来的な視力を考えたときに一度向上させておくことは、とても良かった決断なのだと今更ながら考えるのです。
あのまま低下していくと、かなり高齢になった頃にはほとんど視力がないような状態にもなりかねないほど、もともとの視力が悪かったからです。
そして今の自分に出来る事は、現在の視力を少しでも長い時間保つように視力を酷使するような生活を改めることなんだと痛感します。
つい寝転んだままだったりだらけた悪い姿勢でゲームをする事が多いですが、姿勢が悪くなっていくだけでなく視力すら悪くなっていきます。
目に優しい食材をいただくこと、正しい姿勢でモノを見ることそして少しでも長く回復した視力を保つためにも日々の生活に気をつけていかないといけないなと考えるのです。
早く視力を低下させることも、少しでも長い期間視力を維持し続けることも、全て自分次第なんだと改めて思ったのです。
ただただ視力が回復し、ここまで向上したことが嬉しくて今だけの事しか頭にはなかったのですが、これから先も今の爽快な気分を味わうために目を大事にするような生活を心がける事が、かなり大切なんだと思ったのです。
こうやって考えたことをこれからは有言実行していきます。
是非、みなさんもレーシックで快適生活始めませんか。

Copyright(C) 2009 視力の手術.com All Rights Reserved.